本文へスキップ

エース留学センターは中学/高校留学、アメリカ交換留学、大学留学、語学留学の手配、斡旋、サポートを専門に行う留学エージェントです。

052-201-2227

〒460-0008 名古屋市中区栄2-1-12,ダイアパレス 4F

                        

                                                                                 

留学手続き

  • 1.高校留学の出願書類
    高校留学の出願書類は留学先の国と学校によって異なりますが、(1)入学申込書、(2)成績表、(3)推薦状の3点ですが基本的に必要になります。学校によってはこれ以外の書類を求められることがあります。推薦状の提出の困難な方はご相談ください。


    2.ホームステイと寮
    滞在形態はホームステイと寮があります。オーストラリア、ニュージーランド、カナダの公立校はホームステイが原則です。私立校には寮の設備がある学校もあります。イギリスでは私立学校になりますので全寮制が原則です。アメリカでは公立高校交換留学はホームステイ、私立学校では原則として全寮制になりますが、学校によってはホームステイも可能です。

    英語習得、異文化に慣れる意味ではホームステイが留学の目的にかないます。


    3.学生ビザ
    学校からの入学許可書が発行されても学生ビザが取得できないと留学できません。中学・高校生の学生ビザの申請は手続きがかなり複雑で、日数もかかります。学生ビザの準備期間は1〜2ヶ月の準備が必要です。エース留学センターが学生ビザの手続き代行をします。


    4.健康診断
    必要になります。特に、オーストラリアは指定病院での健康診断が必要になります。


    5.予防接種
    留学する国によって必要な予防接種があり、未接種や追加接種の場合、接種を要請されます。


    6.航空券の予約
    入学日の2日から1週間前に到着するようにエース留学センターで飛行機を手配します。


    7.帰国の際の進級と留年
    アメリカ公立高校交換留学や1年間留学の場合、帰国後「進級扱い」となるか「留年扱い」となるか、在籍校の方針によって決まっています。留学前に確認が必要です。また、「進級扱い」の場合でも、一般大学入試での不利を考慮して、あえて「留年扱い」を選択する生徒もいます。


    8.留学期間中の単位
    アメリカ公立高校交換留学や1年間留学の場合、海外の高校で取得した単位、30単位を日本の在籍校が認めると「進級扱い」となり、元の同級生と同じ学年に進級します。進級できるかどうかは留学前に確認が必要です。





情報