電話をイメージするジフ 0120-18-2226 or 052-201-2227

本文へスキップ

エース留学センターは世界中の語学学校への留学の手配、斡旋、サポートを専門に行う留学エージェントです。

052-201-2227

〒460-0008 名古屋市中区栄2-1-12,ダイアパレス 4F

 イギリス語学留学 

イギリスへの語学留学を目指す皆様へ

エース留学センターでは、イギリスへの語学留学される皆様のご希望、目的、予算等をお聞きし、最も相応しい留学の提案をさせていただきます。30年以上に渡る実績を基に、皆様に情報を提供させていただきます。イギリスにはたくさんの語学学校が存在します。その中からご自分に合う学校を見つけるにはなかなか難しいものがあります。当センターでは、そのことを踏まえて、無料カウンセリングを通して、皆様に相応しい学校を提案いたします。

■学校紹介

1)Anglo Continental
ロンドンの南西150km程にあるイギリスの保養地として知られるボンマスにあります。夏は大勢の観光客、海外からの留学生でにぎわいます。アングロコンチネンタル校はボンマス市の中心から徒歩10分、ビーチへは徒歩15分の住宅地の落ち着いた環境にキャンパスがあり、60年以上続いた老舗語学学校です。豊かな経験のある講師陣に囲まれ、質の高い授業で質の高い英語を身につけるため、リピーターも多い学校です。ボーンマスならではの広い敷地に大規模な校舎を構えており、クラスルームだけでも80クラスあり、イギリス国内でも大きい方です。校内はとても綺麗で、様々な賞を受賞したことのある素晴らしい庭があり、夏の暖かい日には外のパティオでランチを食べたり、芝生で日光浴をしたり、ちょっとしたキャンパスライフが楽しめます。設備も新しく快適に英語を勉強する環境が整っています。ほとんどの教室に電子黒板を使っていたり、バリアフリー対応と設備も最新です。食堂を2012年11月に改装をしました。学校のカフェテリアは、イタリア人が経営しているので、味もおいしいと好評です。また、ボーンマスの坂の多い中心地と比べ、なだらかな地域にあるため自転車で通う生徒も多い様です。80カ国からの留学生が来ているため国籍の偏りも少なく、様々な国籍の生徒に出会えます。先生もCELTAや大学院資格を保有している優秀な方ばかりです。色々な国の言語が話せるスタッフがそろっており、サポートがしっかりしています。親切な日本人のフタッフもひとりいるので困ったときも安心です。一般英語の他に50歳以上向けのコース、英語教師を目指すためのコースもあり人気があります。入学日にボーンマス周辺から郊外までのツアーに連れていってくれたりと、生徒同士の交流を深められるアクティビティも充実しています。

2)St. Giles International  
イギリスのロンドンに本部を持つ老舗の語学学校で、現在ではイギリス、アメリカ、カナダそしてブラジルに合わせて8つの学校と5つのサマースクールプログラムがあります。50年もの実績を誇り、授業内容にも定評があり、世界の中でも英語教育において最も成功を遂げた学校の一つでもあります。 毎年平均して90カ国、1万人もの学生が学んでいます。イギリス国内では、都会的なロンドン中心部、おしゃれなロンドン・ ハイゲート、活気に満ちたブライトン、明るいイーストボーンにキャンパスを持っています。また、アメリカでは最先端のダウンタウン・サンフランシスコ、カナダでは美しいバンクーバーで勉強することができます。
セントジャイルズの各学校は様々な認可をうけており、イギリス校はブリティッシュ・カウンシルから認可され、また English UK の加盟校でもあります。また、サンフランシスコ校の講師育成用コースは、カリフォルニア教育省から認可され、バンクーバー校は Languages Canada の加盟校となっております。 どのキャンパスも魅力的でエキサイティングな土地にあります。
滞在はホームステイ、レジデンスホール、ホテルが可能です。セントジャイルズでは厳選されたホストファミリーを推薦しております。ホームステイプログラムに参加することで実用的な英語を学べ、日本では味わえないような体験ができます。シングルルームもしくはシェアルーム、朝食のみ、もしくは朝食夕食付、といった選択があります。レジデンスホール滞在はプライバシーがあり、一人の時間を持つことができます。ここでは様々な国の学生と一緒に生活するので、外国の友達を作ったり、 英語を話したりと、とても楽しい日々が過ごせます。シングルルームもしくはシェアルーム、朝食のみ、もしくは朝食夕食付、といった選択があります。
セントジャイルズでは様々なランクのホテルも用意しております。3つ星ホテルから、経済的にも安いゲストハウス(たいていは家族経営で低価格)までと様々です。セントジャイルズの学生は割引対象となっております。

3)Eurocentres
語学学校の老舗でもあるユーロセンターは色々な都市や国に教室を構えています。英語だけでなく、フランス語やスペイン語なども教えています。教え方には定評があります。イギリスでは、ロンドン・セントラル、ロンドン・エルサム、ケンブリィジ、ブライトン、ボンマス。アイルランドのダブリン。アメリカではニューヨーク、ボストン、マイアミ、サンジエゴ、イーストランシング・ミシガン。カナダではバンクーバーとトロントに学校があります。オーストラリアではシドニー、メルボルン、ブリスベン、ゴールドコースト、パース、ケアンズに。その他の英語圏では、南アフリカのケープタウンと、マルタ島に教室を有しています。フランス語のコースは、パリ、アンボワーズ、ラ・ロシェル、スイスのロザンヌ。スペイン語はマドリード、バレンシア、バルセロナー、ペールのクスコ。ドイツ語はベルリンに、イタリア語はフレンツィエで学べるようになります

4)Milner School of English
テニスで有名なロンドン南西部ウィンブルドン駅から徒歩約10分の場所にあります。治安の良い高級住宅街として知られるウィンブルドンは、駅近くにはショッピングモールやカフェなど多くの娯楽施設があり、セントラルまでも電車で約20分ほどです。ロンドンの郊外である為、授業料、滞在費が比較的安めで、教室の数も少ないため、スタッフとの距離も近いので、アトホームな感じがあります。
経営者はイギリスとオーストラリアで35年以上の語学教育の歴史を誇るミルナー氏で、学校はとても親しみやすい雰囲気でありながら授業の質は高いです。MSOEの特徴はその質の高い授業とリーズナブルなプライス、フレキシブルなプログラムです。一般英語のコースは週7時間、15時間、22時間の3つから選ぶことができ、一対一のプライベートレッスンも提供しています。ウィンブルドンならではの、午前は英語クラス、午後はマンツーマンのテニスのレッスンをするという新しいプログラムもあります。

ホームステイファミリーもウィンブルドン近郊で募集をしているため比較的近い範囲にホームステイ先が見つかることが多いです。

5)Mayfair School of English
1986年の設立以降、25年以上もの間、良心的な価格で質の高い英語教育を提供しています。3万人もの留学生にロンドンの中心部で英語コースを提供しています。2012年10月にトッテナム・コート・ロード駅から徒歩5分のビル2階~5階部分へ校舎移転。全ての教室に最新の設備を兼ね備え、より快適な環境で勉強できるようになりました。格安校の部類に入りますが、設備も整っていて他の格安校に見られる様なビルの中に受付けと教室だけという環境ではありません。格安校の中でも質は高い方となっています。さらに無料のワークショップも実施しているので、実際の授業レッスン以上に学習時間を設けることもできます。学費が非常に安いのが特徴で、料金重視の方におススメです。格安に長期で学校へ通われたい方にお勧めの学校です。料金は安い部類に入る学校ではありますが、UKBA(イギリス国境局)からHighly Trsuted Sponsor資格も与えられており、学生ビザも発給できる学校です。もちろんブリティッシュカウンシル・English UK認定校でもあります。全階にお手洗い、全教室にエアコン、電子黒板など設備も最新。ロンドンの中心地、ショッピングエリアのオックスフォードストリートに位置し、交通の便も良く、放課後はミュージカル、映画、ショッピングなど娯楽がたくさんあり、宿泊施設数が多く、学生のニーズに合ったサービスを提供しています。

6)Torquar International School
イギリス南西部にある小さな港町トーキーの住宅街に囲まれたのどかなエリアにある小規模な学校です。1972年に開校して以来、40年以上にも及ぶ質の高い英語教育の実績を誇りリピーターも多いのが特徴です。トーキーの町の繁華街までは、徒歩で約10分程度の距離なので、ちょっとした買い物や食事などにも便利です。
小規模ながらも設備が充実している点も特徴の一つです。自習室や図書室はもちろん、小さなカフェや、映画鑑賞ができる部屋、テラスや中庭など学生が留学しているあいだも学校内でしっかり充実して学習が進めて行けるよう配慮されています。そして、当校の特徴の更なる特徴として、30歳以上の生徒の割合が他の学校に比べて高いという点です。30歳以上向けの一般英語コースが毎週開講されているということが大きな要因ですが、30歳以上の生徒割合は平均して45%と他の学校よりも高くなっています。語学学校の特徴は20代の生徒が8割〜7割というところが多い状況ですが、当校では20代と10代の生徒割合が6割弱と低くなっています。そのため、トーキーと言うのんびりとした港町の雰囲気も併せて、30歳以上の方には最適な学校と言えます。滞在先は学校が管理している通常のホームステイに加え、学校運営のホテルも徒歩圏内にあり、ホームステイ以外の滞在先を希望される方にも対応できるようになっています。また学校では24時間のサポート体制を敷いていますので、現地で困ったことなどが出てきても学校でしっかりサポートしてくれています。

7)Studio Cambridge
ケンブリッジ駅にほど近い場所にあり、ケンブリッジでは一番古い私立の語学学校です。毎年世界中から4,000人以上の生徒を受け入れいている規模の大きな学校でもあります。ケンブリッジの街の中心部までは徒歩約10分のところにあります。生徒の年齢層は、20代前半から30代前半まで中心に比較的幅広い層の生徒が学んでいます、もちろん、40代・50代の方々もおられるので、落ち着いた雰囲気で学習に打ち込める環境です。夏は様々な夏期プログラムを用意しているので、10代の若い人たちで活気溢れる雰囲気にもなります。
スタジオケンブリッジは、ケンブリッジの数ある学校の中でも料金設定が良心的で、授業料だけでなくホームステイ料金も、在籍週に応じて長くなれば週単価も安くなるように設定されています。そのため、長期留学される方ほど、この学校はお得にな学校と言えます。


スタジオケンブリッジでは、独自の学生食堂(カフェテリア)も持っていて、近所の大学カレッジの生徒も食べにくるほど人気の学生食堂となっています。学校の方で、24時間対応の緊急電話番号も用意されており、何かあった時もここに電話すればよいので、生徒へのサポート体制も整っています。課外活動として、英語の学習に役立てるため様々なクラブが放課後に企画されています。カンバセーションクラブ・文法クラブ・講義・ドラマクラブ・英国クイズ・金曜映画クラブなど、英語学習に役立つ課外活動も目白押しです。もちろん、スポーツや文化活動といったアクティビティ、そして週末の小旅行なども頻繁に企画されていますので、しっかりスクールライフもエンジョイできる学校です。
ロンドン以外でIELTSの勉強をされたい方は、スタジオケンブリッジではIELTS対策の授業も低いレベルから提供されています。個人個人にパーソナルチューターが付き、学習内容をチェックしていきながら定期的にチュートリアルを行い、英語の弱点を確かめながら今後の学習方針のアドバイスを提供してくれています。

8)Inlingua Cheltenham
インリングア・チェルトナム校は1990年に設立されたブリティッシュ・カウンシル認定語学学校です。学校はチェルトナムのタウンセンターにあり、校舎の周りにはブティック、カフェ、シアター、ギャラリー、公園などがあります。教師と生徒の距離がとても近くアットホームで明るい雰囲気の学校で、テーブルを囲んでの少人数制授業は、誰とでもすぐに仲良くなれそうなムードであると同時に、落ち着いていて英語習得に集中できる環境でもある。また小規模な学校なので、世界中から来ている学生ともすぐに仲良くなれる。アットホームでいながらも、授業中は徹底した母国語使用禁止のポリシーもあるため、限られた時間の中で確実に英語のスキルアップを目指す人も満足の授業を受けられる。校舎は大きな一軒家を改装しており、入り口に大きな藤の木があるのが特徴です。庭もとても広く、夏には生徒、教師、スタッフ全員でBBQパーティーやティーパーティーを行ってるとてもアットホームです。徒歩圏内のホームスティ先のアレンジも相談に乗ってくれ、ホームステイ先も温かい家庭が多いです。チェルトナムでは忙しいロンドンとはまったく違う非常に落ち着いたイギリス郊外独特の町並みが広がっています。

一般英語コースの他にもビジネス英語やファンデーションコース(大学進学コース)にも力を入れています。また、クラスは少人数制で最大10人と他校よりもさらに少ない人数で行っています。アコモデーションは300ものホストファミリーを用意しています。チェルトナムでは比較的地元のホストファミリーが多く、たくさんの家庭から徒歩で学校に通うことができます。
チェルトナムはイギリスで最も美しい地域の一つであるといわれる、コッツウォルズの丘に囲まれた自然豊かな町。街路樹の木々は青々とし、公園には色とりどりの花が咲き乱れ、非常にリラックスできる親しみやすい環境。古き良きイギリスに興味がある人やガーデニングを楽しみたい人にはお勧めしたい学校です。人口11万人ほどの小ぢんまりとした町には、はちみつ色のアンティークな建物が立ち並び、伝統的なイギリスの雰囲気を体験しながら快適な生活を送ることができる。チェルトナムは芸術が盛んなことでも知られており、国際的な音楽祭や文学祭が開かれることもあり、文化や芸術を堪能できる環境。ロンドンへは2時間なので週末を利用し、電車での小旅行気分を味わいながら、流行の最先端が揃う大都会の雰囲気も味わうことができます。

9)Oxford English Centre
オックスフォードイングリッシュセンターは1979年に設立され、現在はオックスフォードハウスカレッジ(OHC)などを経営しているOxford House Groupの運営元にありますが、コース内容はOHCとは異なります。オックスフォードの国鉄駅からは少し距離があるロケーションですが校舎は街の中心からは近く、オックスフォード大学のカレッジも周辺に多く位置する街の雰囲気がしっかり味わえる学生に優しい環境です。学校の校舎は教会か小さなお城を思わせる素敵な校舎で、生徒達は先生との距離が近いので友達のような感覚で接しています。授業は文法とスキル、発音に加え午後はスピーキング能力向上に向けての「Fluency」クラスを実地しています。多くのアクティビティ代と資料室等の設備利用は授業料金に含まれ、午後は自習時間でも質問を受け付けられる先生が待機しており、生徒は授業外でもサポート付きで学習に取り組めます。さらにオプショナルクラスとして英語教師を目指すための「Teaching English」コースや法律関係の仕事を目指す方のための「Low」コース等も開講されています。